FC2ブログ

中小企業診断士的ライフスタイル

日頃クライアントを経営サポートする中小企業診断士がそのコンサルノウハウを私生活に活かすと日々の暮らしは革新されるのか。診断士としてのワークライフバランスをつづります。

あれがノロウィルスだったのでしょうか?20日の日曜日、ちょっと具合が悪くなり、何とかお昼を食べたものの、その後強い吐き気をもよおし、そして下痢。日月と静養して、何とか立て直し、火水木は仕事。金は私用と診断士の研究会。そしたらまた26日の土曜は朝から頭が痛く、食事以外ずっと寝て、やっと全快したと実感できたのは27日の朝。この日は楽しみにしていた将棋大会の日でしたが、翌週の仕事の準備ができておらず泣く泣く不参加。健康が第一と再認識しました。
洋楽:The Monkees「Theme From The Monkeesモンキーズのテーマ」
邦楽:A応P「全力バタンキュー(TV Version)」
スポンサーサイト
昨年と一転、株式市場は下がり続け、その面に関しては余り嬉しくない一年でした。反面昨年買った甲府の1Kマンションに借り手がついて、不動産投資は堅調でした。中小企業診断士の仕事はちょっと反省するところが多かったかな。一番助かったのは年金の報酬比例部分の受け取りが始まったこと。将来年金制度がどうなるか分からないけれど、取り合えずは助かりました。年金を貰いながら、でも年金をあてにしなくても大丈夫な生き方を目指していきたいと思います。
洋楽:John Lennon「God (神)」
邦楽:竹内まりや「いのちの歌」

2018年の曲をまとめると、以下の通りです。
<洋楽>
1月 Bob Dylan「All Along the Watchtower(見張塔からずっと)」
2月 The Beatles「With a Little Help from My Friends」
3月 Nancy Sinatra「Sugar Town(シュガー・タウンは恋の町)」
4月 The Isley Brothers「This Old Heart of Mine (Is Weak for You)」
5月 Olivia Newton-John「Follow Me」
6月 The Rolling Stones「Gimmie Shelter」
7月 Paul & Linda McCartney「Ram On」
8月 The Beach Boys「Darlin’」
9月 Manassas「It Doesn't Matter」
10月 Robbie Williams「Lazy Days」
11月 Aretha Franklin「Love The One You're With」
12月 John Lennon「God (神)」

<邦楽>
1月 安室 奈美恵「Hero」
2月 森山 良子「今日の日はさようなら」
3月 岡崎 友紀「奥様は18歳」
4月 チキンシャック「フラワーズ・フォー・レナ」
5月 岡林信康「申し訳ないが気分がいい」
6月 斉藤和義「ベリーベリーストロング~アイネクライネ~」
7月 サザンオールスターズ「ステレオ太陽族」
8月 松田 聖子「ボーイの季節」
9月 いわさき ゆうこ「幾千万の夜をこえて」
10月 森高 千里「風に吹かれて」
11月 trf「寒い夜だから」
12月 竹内まりや「いのちの歌」
月末どん詰まり。
洋楽:Aretha Franklin「Love The One You're With」
邦楽:trf「寒い夜だから」
「なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか」という新書を読み、大いに共感しました。……ここまでにしておきましょう。
洋楽:Robbie Williams「Lazy Days」
邦楽:森高 千里「風に吹かれて」
解散した日本証券業厚生年金の代行部分の支給通知があり、やっと現時点での年金支給が全て確定しました。良いことは重なるもので、1年以上空いていた甲府のマンションにも借り手がつきました。株式市場も盛り返しています。3年後のリタイア計画にむけてフォローウィンドが吹き始めたようです。
ManassasはCSN&Yの流れから。いわさき ゆうこのこの曲は長い間、曲名も歌手名も分からず悶々としていたのですが、何とかゲットできました。岩崎何とかという名前だったのではないかといううっすらとした記憶の中、岩崎良美ではないかとCDレンタルしてみたり。こういうのを「CD迷宮」と言っているのですが、一つ解決できて良かった。
洋楽:Manassas「It Doesn't Matter」
邦楽:いわさき ゆうこ「幾千万の夜をこえて」