FC2ブログ

中小企業診断士的ライフスタイル

日頃クライアントを経営サポートする中小企業診断士がそのコンサルノウハウを私生活に活かすと日々の暮らしは革新されるのか。診断士としてのワークライフバランスをつづります。

ちょっと管理組合にナッジされた感はあるが、長らく乗っていなかった自転車を先月オープンした自転車屋に修理に持ち込んだ。最悪、前後輪共にチューブ交換を覚悟したが、前輪は何ともなく、後輪は虫ゴムが壊れていただけとのこと。リーズナブルな費用で修理できてホッ。せっかくある自転車なのだから、もっと有効活用しなくちゃ。
洋楽:Rod Stewart 「You're In My Heart」
https://www.youtube.com/watch?v=Hf6ng1Hsb7I
邦楽:サザンオールスターズ「素顔で踊らせて」
https://www.youtube.com/watch?v=asS_xhI9AHo
スポンサーサイト



ネットによると、FIREとは "Financial Independence, Retire Early" の略語で、キャリアの早期から資産を蓄積し、適切に運用するとともに、生活費を極小まで切り詰めることで「経済的独立」を達成し、若年での退職を目指すという動きのことを言うのだそうだ。自分は生活費を切り詰めることはしなかったので、65歳まで後3ヶ月というところで、やっとこさ「経済的独立」を達成できた。実際にそういう立場になってみると、同じ風景を見ていても見え方が全く変わってくるから不思議だ。
と言うことで1月の洋楽はジミヘンの「Fire」、邦楽はそこまではしゃいだ気分ではないのだが、まあ目出度いということでドリカムの「うれしい!たのしい!大好き!」。
洋楽:Jimi Hendrix「Fire」
https://www.youtube.com/watch?v=YCfyhgwFqJg
邦楽:ドリームズ・カム・トゥルー「うれしい!たのしい!大好き!」
https://www.youtube.com/watch?v=HBSC0RDuUlQ

12月の曲をアップするのにうっかり年を越してしまった。世の中的には、新型コロナウイルスで大変な一年だったが、個人的には無理なく自然にセミリタイアを進められた一年でもあった。お金の心配が全くなくなった訳ではないが、ほとんどなくなった。そう感じると自然に心が和らいでくる。

洋楽:Chris Rea「Driving Home For Christmas」
https://www.youtube.com/watch?v=DDt3u2Ev1cI
邦楽:山下達郎「REBORN」
https://www.youtube.com/watch?v=YSPaYFt_zoA

2020年の曲をまとめると、以下の通りです。
<洋楽>
1月 Stevie Wonder「Signed, Sealed, Delivered, I'm Yours」
2月 The Grass Roots「Let's Live For Today」
3月 The Carpenters「Sing」
4月 The Beatles「When I'm Sixty-four」
5月 Taylor Swift「Speak Now」
6月 The Rolling Stones「Mother's Little Helper」
7月 The Rubettes「Sugar Baby Love」
8月 Deep Purple「Smoke On The Water」
9月 Minnie Riperton「Lovin’ You」
10月Creedence Clearwater Revival「Run Through the Jungle(ジャングル越えて)」
11月Gladys Knight & The Pips「Neither One Of Us (Wants To Be The First To Say Goodbye)」
12月Chris Rea「Driving Home For Christmas」

<邦楽>
1月 Sadistic Mika Band「タイムマシンにおねがい」
2月 ザ・テンプターズ「今日を生きよう」
3月 AKB48「恋するフォーチュンクッキー」
4月 ザ・フォーク・クルセダーズ「百まで生きよう」
5月 大原櫻子「みんな空の下」
6月 ゆらゆら帝国「空洞です」
7月 Every Little Thing「スイミー」
8月 ダウン・タウン・ブギウギ・バンド「沖縄ベイ・ブルース」
9月 ももいろクローバーZ「初恋」
10月 オフコース「秋の気配」
11月 Gauche「Neither One Of Us (Wants To Be The First To Say Goodbye)」
12月 山下達郎「REBORN」
(ボーナストラック)社歌「勇気ある者」
三連休の中日だが、新型コロナの感染第三波真っただ中に出かけるのはアホだろう。今月は2月と同じく、同じ曲を洋・邦それぞれのアーティストで!
邦楽はGaucheというよりは、林佐千恵さんと言うべきか。洋がオリジナルだけど、邦もなかなか良い。寝る前に良く聴きます。
洋楽:Gladys Knight & The Pips「Neither One Of Us (Wants To Be The First To Say Goodbye)」
https://www.youtube.com/watch?v=i810mVyAZDw
邦楽:Gauche「Neither One Of Us (Wants To Be The First To Say Goodbye)」
こんなことを言ってしまうのも何だが、既に11月と12月の曲は洋楽・邦楽共に決まっている。10月の曲は、9月の曲、そして11月・12月の曲を踏まえて、選定した。個人的には、オフコースの「秋の気配」は思い入れのある曲。
洋楽:Creedence Clearwater Revival「Run Through the Jungle(ジャングル越えて)」
https://www.youtube.com/watch?v=EbI0cMyyw_M
邦楽:オフコース「秋の気配」
https://www.youtube.com/watch?v=kFquezNCnRk