FC2ブログ

中小企業診断士的ライフスタイル

日頃クライアントを経営サポートする中小企業診断士がそのコンサルノウハウを私生活に活かすと日々の暮らしは革新されるのか。診断士としてのワークライフバランスをつづります。

アメリカとイランの地政学リスクに相場は一喜一憂し、6日の日経平均は大幅下落、7日は一転大幅上昇。8日は大幅下落、9日は大幅上昇。すごいエレベーター相場だった。この間、6日と8日にはしっかりと買いを入れ、結果もちゃんとついてきている。下げているときに買う勇気が身についたかも。
洋楽:Stevie Wonder「Signed, Sealed, Delivered, I'm Yours」
邦楽:Sadistic Mika Band「タイムマシンにおねがい」
スポンサーサイト



3月に野比の戸建てを購入。来週には仙台の一棟アパートの契約を控えている。今年を振り返ると不動産投資に傾斜してきたような気もするが、株式投資もしっかり持ち直してきた。半面、中小企業診断士の仕事は絞り込み。人生百年時代を迎え、もうちょっとだけ勇気を出して、これからは資産に稼いでもらおうと考えている。
洋楽:Stars On 45「Medley (ショッキング・ビートルズ45)」
邦楽:山下達郎「9 MINUTES OF TATSURO YAMASHITA」

2019年の曲をまとめると、以下の通りです。
<洋楽>
1月 The Monkees「Theme From The Monkeesモンキーズのテーマ」
2月 Cream「Swlabr」
3月 The Carpenters「I Need To Be In Love(青春の輝き)」
4月 Original Soundtrack「Footloose」
5月 Herman’s Hermits「Mrs. Brown You’ve Got A Lovely Daughter(ミセスブラウンのお嬢さん)」
6月 Alicia Keys「Brand New Me」
7月 Jan & Dean「Surf City」
8月 Connie Francis「Vacation」
9月 Simon & Garfunkel「El Condor Pasa (If I Could) コンドルは飛んで行く」
10月Creedence Clearwater Revival「Lookin’ Out My Back Door」
11月Robert Glasper「So Beautiful」
12月Stars On 45「Medley (ショッキング・ビートルズ45)」

<邦楽>
1月 A応P「全力バタンキュー(TV Version)」
2月 くるり「男の子と女の子」
3月 中山美穂「世界中の誰よりきっと」
4月 沢田研二「あなたへの愛」
5月 西野カナ「Have a nice day」
6月 安室奈美恵「a walk in the park」
7月 TULIP「夏色のおもいで」
8月 加山雄三「二人だけの海」
9月 松任谷由実「ハルジョオン・ヒメジョオン」
10月 尾藤イサオ「涙のギター」
11月 山口百恵「横須賀ストーリー」
12月 山下達郎「9 MINUTES OF TATSURO YAMASHITA」
(ボーナストラック)ポセイドン・石川「紅(X JAPAN)」
油断していた訳ではないのですが、下痢と発熱で一日寝込んでしまいました。うーん、何が悪かったのだろう?とにかく、うがいと手洗い。そしてマスク!
小学校からの友達がいて、彼は山口百恵ファン、私はアグネスチャンのファンで、彼はアグネスを私は百恵ちゃんを罵っていたものです(その割りには誘われて、「伊豆の踊子」とか百恵ちゃん主演の映画に付き合わされたけれど)。そのせいか、大人になっても山口百恵のレコードやCDを買うことなく、今に至っているのですが、もうこの歳になれば、CDレンタルくらいは許されるかと。
洋楽:Robert Glasper「So Beautiful」
邦楽:山口百恵「横須賀ストーリー」
台風15号がものすごかったので、19号は覚悟していたのですが、その割りには、横浜を直撃はしなかったようで、自宅には大きな被害がありませんでした。
今日は雲一つない青空。とても気持ちがいいです。ラグビーワールドカップ。グループAを抜けるかどうか、日本VSスコットランドは今夜。日本に買って欲しいけれど、少なくとも自然災害で試合が中止となり、引き分けで予選突破では、後で何を言われるのか分からないので、試合そのものがされることを素直に喜びたいと思います。もう少し缶ビールを買っておこうかな?
洋楽:Creedence Clearwater Revival「Lookin’ Out My Back Door」
邦楽:尾藤イサオ「涙のギター.」
初めに松任谷由実の「ハルジョオン・ヒメジョオン」を決めた後、この曲のアレンジが何となくSimon & Garfunkelの「コンドルは飛んで行く」を連想させたっことから、洋楽もそのように決まりました。山口百恵の「ひと夏の経験」の出だしは「コンドルは飛んで行く」を流用しているってこと、知ってました?
洋楽:Simon & Garfunkel「El Condor Pasa (If I Could) コンドルは飛んで行く」
邦楽:松任谷由実「ハルジョオン・ヒメジョオン」