FC2ブログ

中小企業診断士的ライフスタイル

日頃クライアントを経営サポートする中小企業診断士がそのコンサルノウハウを私生活に活かすと日々の暮らしは革新されるのか。診断士としてのワークライフバランスをつづります。

「嫌われる勇気」を読み、「今この瞬間を生きる」ということを意識することが大事なのだと感じている今日この頃です。
洋楽のBarbra Streisandは最後まで「Guilty」とどちらにするか悩みましたが、邦楽がスイートソウル?なので、洋楽も相対的にメロウな「Evergreen」にして合わせてみました。
洋楽:Barbra Streisand「Evergreen」
邦楽:山下 達郎「TOUCH ME LIGHTLY」
スポンサーサイト



20130522経営戦略入門セミナー
5月22日(水)、BIZ新宿で、経営戦略入門セミナーを開催しました。PMマトリクスをベースに、BSC(バランススコアカード)による目標管理経営を目指します。この日は経営戦略塾本家の長山先生のお話で、1級インストラクターの私にも大変ためになる内容でした。参加されました企業経営者の皆様にもご参考になれば幸いです。
アメリカでずぶの素人から伝説的な車のセールスマンとなった方の本を一年前に読んだのですが、今も心に残っているところがあります。20人に電話をかけて、その内の1人が車を買ってくれるとします。そして歩合報酬が20万円とします。20人の内の19人は外れな訳ですが、伝説のセールスマンの考え方は少し違います。「20人に電話をかけてその中の1人が車を買ってくれるとするならば、一回電話をかけるたびに、1万円儲かる」そう考えるのです。セールスの電話にはひどい対応をする人も中にはいます。ひどい対応を受け続けると気分も滅入ってきますが、一回電話するたびに幾らか儲かっているのだと考えれば、気分も全然違いますよね。嫌なこと、つらいと思うことでも、考え方を変えれば意外と楽しく取り組めるのではないでしょうか。
企業の経営戦略も視点を変えてみると、新たな発想が生まれてくるのだと思います。
2月8日(金)、9日(土)二日間にわたって行われた経営戦略塾1級インストラクター認定特別東京研修が無事終了しました。現状分析を行い、ありたい姿との違いを経営課題として上げ、その中から最重要課題を抽出して具体的な行動計画に落とし込む。バランススコアカードに基づいた経営戦略は戦略なき中小企業経営にきっと役立つものと思います少し観点が違うかもしれませんが、企業経営者の漠然とした不安も、ブレイクダウンすることにより、見えてくるものがあるのではないかと感じました。
JCG戦略塾は7月にスタートします!ご期待ください。長山先生を囲んで