FC2ブログ

中小企業診断士的ライフスタイル

日頃クライアントを経営サポートする中小企業診断士がそのコンサルノウハウを私生活に活かすと日々の暮らしは革新されるのか。診断士としてのワークライフバランスをつづります。

「エスクァイア」で読むアメリカという本を上下巻持っている。買ってからずっと本箱に押し込んだままだったのだが、2004年の年末にふと一編を読んで以来、毎年末に一編ずつ読むことが年末のマイイベントとなった。
今年は四十年代から「東京ローズは祖国に背いたのか?」を読んだ。わずか3ページだったので、次の編も読もうかと思ったが、来年にとっておくことにした。しかしこのままのペースで読み進めると、上巻を読み終えるのは74歳のときになる。初めて自分の人生が有限であることを認識した思いだ。どうやら下巻を読むには別なルールが必要なようだ。
スポンサーサイト