FC2ブログ

中小企業診断士的ライフスタイル

日頃クライアントを経営サポートする中小企業診断士がそのコンサルノウハウを私生活に活かすと日々の暮らしは革新されるのか。診断士としてのワークライフバランスをつづります。

8月月末でもある最後の日曜日の午後、気分転換に伊勢崎町まで出かけました。横浜駅まで歩いて、そこから市営地下鉄(ブルーライン)で関内まで。BOOK OFFで「うる星やつら」を仕込んで、有隣堂で新刊本を買い、さて、家に帰ろうと思ったところで、帰りはJRで帰った方が安いのではないかと考えました。往きのときもそうは思っていたのですが、せいぜい20~30円の違いならば、市営地下鉄の方が自分の家から若干たりとも近いし、伊勢崎町の商店街にも近いからと、市営地下鉄に乗ったのです。確認したら市営地下鉄で横浜~関内は210円。対してJRは140円。細かい話ですが、70円も違うとは思いませんでした。横浜駅にはJR、市営地下鉄(ブルーライン)の他に、相鉄、東急(みなとみらい線)、京急が乗り入れています。これからはもう少し何に乗るのかに拘ろうと思います。
スポンサーサイト



今年の初めだと思うのだが、BOOK OFFで村上龍の「半島を出でよ」上下巻を買ってきた。夜寝る前に読み進めていたのだが、一巻500ページもある上に、登場人物も多く(先遣隊の北朝鮮人の名前も覚えにくかった)、先遣隊が福岡ドームに侵入した辺りで挫折してしまった。暫く放っておいたのだが、8月に入り気を取り直して?また初めから読み進めることとした。今度も夜寝る前に読むことにしたのだが、今度は一日10ページと決めた。これなら一巻は50日、上下通して100日で読了することができる。サザンオールスターズの「My Foreplay Music」という歌に「ナイトキャップでやるスコッチ~」という歌詞があるが、これに因んで「ナイトキャップ読書」と銘打った。今のところお酒を呑んで帰ってきたときも何とかノルマをこなし、計画通り進んでいる。…と言うより、逆に10ページできっちりと本を閉じるのが難しい。ともあれ朝の日めくり読書は習慣付いたので、夜も習慣化したいと思っている。
いつのまにか7月から8月になだれこんだような気がします。仕事が忙しくて、家のすぐ前のプールに気分転換で浸かりにいくこともできません。趣味の将棋も7日から始まった京急将棋祭りの大会に、今年はどうやら参加を見送らざるを得ないようです。でも仕事のかなりの部分は冷房の効いた自宅でのデスクワークなのですから、余り文句は言えませんね。「Bus Stop」は夏を想い出して歌っているのか、私の英語力では歌詞の時点がはっきりしませんが、取り合えず8月で選択してみました。「シンデレラサマー」はバブルの香りが漂う?リゾートミュージックですね。
洋楽:Hollies 「Bus Stop」
邦楽:石川 優子「シンデレラサマー」