FC2ブログ

中小企業診断士的ライフスタイル

日頃クライアントを経営サポートする中小企業診断士がそのコンサルノウハウを私生活に活かすと日々の暮らしは革新されるのか。診断士としてのワークライフバランスをつづります。

1995年に結婚してから、コーヒーはコーヒーメーカーで作るようになりました。うちの朝は洋風で大体パンに卵、ハム、ソーセージ、ベーコンなどを添えて、フルーツはバナナが常備。それにコーヒーメーカーで作ったコーヒーをベースにカフェオレにします。それにジュースをプラスすることが多いかな。朝食の準備は奥さんがしますが、コーヒーは私の当番です。今は息子も一人前にコーヒーを飲むので、作る量が増えました。
そう言えば、勤めていたときも朝一番に会社に着いていたので、会社のコーヒーも私が作っていました。少し前7月27日の日本経済新聞に、コーヒーは糖尿病や肥満、運動不足がリスク要因となるがんを予防するという記事が掲載されていました。「コーヒーを飲むと、運動したのと同様に糖の消費が進み、インスリンを分泌する必要がなくなります(インスリンは糖尿病や運動不足が原因となるがんを増殖させる傾向があるのだそうです)」コーヒー党の皆さん、科学的な裏付けがあると、何となく心強いですよね。
スポンサーサイト



仕事で横浜から立川の先の東中神までよく行きます。この間の火曜日はお昼に余り時間が取れないと思い、お弁当を用意しました。自分で作ったチーズホットドック、PAOPAOの肉まん、バナナ1本。それらを個別にラップで包んでスーパーのレジ袋に入れて、カバンに入れていきました。立川駅構内のコンビニで「1日分の野菜」を108円で購入。東中神駅のベンチで食べました。お財布に優しいランチでしたが、どちらかと言えば、時間が短縮できたのが、自分としてはとても有り難かったです。幸いこの日は台風一過でとても良い天気でしたので、ちょっとしたピクニック気分?にもなれました。たまには平日にお弁当を持って出かけるのも良いのではないでしょうか。
自宅の最寄り駅は相鉄線の平沼橋ですが、大抵は横浜駅まで歩いて行きます。片道15分、往復で30分。この時間を何かに有効活用できないものかと考えた結果、ハングル単語の暗記に利用することにしました(昨年の12月から週一度新大久保学院横浜校で韓国語を習っています)。自宅から横浜駅まで歩いていく間、ハングルの単語を一つ、ひたすら繰り返すのです。帰りも同様。1日2単語として、1年間に700語は暗記できるはず。初級テキストに出てくる単語は概算700語弱なので、1年続ければ、初級の単語はクリアできます。更にこれが習慣化できれば、次にはクライアント先まで歩いていく間、その帰りと更にデット時間の活用ができるのではないかと考えています。えらくポジティブだな…。
9月2日から3日の一泊二日で韓国に行ってきましたが、続いて9月30日から10月2日まで二泊三日でまた韓国へ行ってきました。江南(カンナム)の韓国科学技術会館で開かれた日本の技術導入説明会に、私がお誘いした会社が参加されましたので、私も同伴させていただくことにしたのです。韓国語はまだまだですが、地下鉄には大分慣れました。上月谷(サンウォルゴク)の韓国技術ベンチャー財団にも、地下鉄を乗り継いで行くことができました。
さて、10月は9月を受けて、更に秋らしい曲でありながら、9月が静かな曲だったので、少しアクティブ?な曲を選んでみました。
洋楽:Neil Young「Heart of Gold」
邦楽:斎藤 哲夫「夜空のロックンローラー」