FC2ブログ

中小企業診断士的ライフスタイル

日頃クライアントを経営サポートする中小企業診断士がそのコンサルノウハウを私生活に活かすと日々の暮らしは革新されるのか。診断士としてのワークライフバランスをつづります。

例えば、株価千円の株を200株買い、その後株価が倍の2千円になったところで、100株売却すれば、当初の投下資金を全額回収して、残り100株はタダで取得したことになる。厳密には残った100株の簿価は100千円ではあるが、CF的には、200千円の現金と100株の株が手元にあるのだから、100株はタダで手に入れたも同然である。これをタダ株と言う。タダ株ならば、この後、幾ら株価が下がろうとも、元金は回収してあるのだから、全く気にならない。手持ちの株みんなタダ株化させることが理想だ。
3910エムケイシステムを昨年200株仕込んだ。簿価単価は983円。今年、日経平均が大きく下げたときに100株買いました。簿価単価1,444円。尚、簿価単価は983円の分は一般枠、1,444円はNISA枠である。本日、一般枠の200株を1,799円で売却した。これでNISA枠の100株はタダ株となった。後はテンバガーになるのをのんびり待つだけだ。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://yasushiono.blog.fc2.com/tb.php/169-df9e64f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック