FC2ブログ

中小企業診断士的ライフスタイル

日頃クライアントを経営サポートする中小企業診断士がそのコンサルノウハウを私生活に活かすと日々の暮らしは革新されるのか。診断士としてのワークライフバランスをつづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんテン大将
2010年1月末、長年勤めたVCを退職した私は一年間の充電生活に入るのですが、その頃、神田の中野書店で購入しました。絶版コミックで購入価格は3,000円だったと記憶しています。「どんテン」とは「曇天」に引っかけているのでしょうが、どんと天を突く精神を表しています(舞台は品川で当時は京浜工業地帯の中心。煤煙を突き抜けた先には青空、そして太陽がある!)。主人公の北風健吉は野球がうまい小学5年生。父、弟の三人暮らしがある日突然の工場事故で父親を失い、不良になるところを助けられ、同じような境遇の子供たちが通うどんテン道場に入門し、力強く生きて行く…おおまかなストーリーはこんなところです。小学校高学年の頃、友達に借りて読んだのですたが、人の生き方について触れたマンガは初めてで、子供ながら非常に感銘を受けました。会社を退職しての充電生活とは聞こえはいいのですが、要は社会保険で一年しのごうとしていた訳です。将来に漠然とした不安を抱える中、当時の自分は精神的な支柱が欲しかったのかもしれません。今でも折に触れ、読み返しています。作者のつのだじろうは再評価されるべき漫画家と思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://yasushiono.blog.fc2.com/tb.php/37-a202be66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。