FC2ブログ

中小企業診断士的ライフスタイル

日頃クライアントを経営サポートする中小企業診断士がそのコンサルノウハウを私生活に活かすと日々の暮らしは革新されるのか。診断士としてのワークライフバランスをつづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大分前に友人から3.11で被害に遭ったと地震保険を申請すれば、保険金が下りるという話を聞いていたが、自宅マンションには地震保険を掛けていないと思い込んでいた。そのときの話では3.11の東日本大震災から3年までが請求の期限と聞いていたので、そこを過ぎたらこのことは全く頭から抜け落ちていた。ところが最近別な知人から3.11を過ぎても申請できると言われて、改めて調べてみたら、住宅金融公庫から借り入れるときに、火災保険と地震保険に入っていたのだった。借入額が余り多くなかった為か、評価額が低かったのか、地震保険の金額は4,900千円と大きくはない。だが何事も経験と思い、7月14日に専門家に見てもらった。
地震保険の申請は全損、半損、一部損の3区分しかなく、一部損とは建物時価の3~20%未満の損傷がなければ認定されない。喜ぶべきことか悲しむべきことか、「認定は微妙」とのことであったが、駄目元で損保会社に申請してみた。
すると7月21日に損保会社の鑑定人がやってきて、自宅を検査すること1時間、損傷率3.8%で、一部損の認定となった。一部損は保険金額の5%が支払われるので245千円が支払われるという。その場で申請書に手続きをして、1,2日後、損保会社から支払いの事務連絡があった。25日に銀行預金通帳を記帳してみると、確かに振り込まれていた。実際に東日本大震災に遭われた方々のことを思うと少し複雑な気分だが、何も悪いことはしていない。専門家にも謝礼はお支払いするが、残りは、堂々と遣おうと思う。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://yasushiono.blog.fc2.com/tb.php/61-d25be50c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。